お客様の声

ウェディングドレスに合わせるグローブの生地の種類


ウェディングドレスと同じタイミングで使用するグローブの種類は一種類しかないと思われることが多いものの、実は色々な形がある上に素材の差異も考えるととても膨大な種類から選ぶことになります。

具体的な素材としてはレースやサテンなどがあり、装着した時の肌当たりも大きく異なる特徴があります。場合によっては、花嫁が肌を出すことが良いと考えられていないケースもあるので、長めでできるだけ肌を隠すことができるものを手に取らなければならないことも多いです。

ただし、決まりばかりに縛られているとウェディングドレスとミスマッチになってしまうケースもあることから、適度に決まりを守りつつウェディングドレスにマッチするものに決めましょう。

近年では指先まで覆われておらず、手の甲までが隠れるフィンガーレスタイプも人気が高いです。同じようにベールも正装するためには必ず取り入れたいものです。教会で結婚式を行うのなら、教会によってスタイルや長さにルールが定まっている可能性があります。素人ではわからない違いが多いので、祭司としっかりとお話し合いをしてから決めるようにしてください。

夏場などはグローブを着けることに対して抵抗がありますが、身体の気になる脂肪を目立たない様子にしてくれるといったメリットもあるのです。思わず気になるところは隠したくなるものの、生地で隠すことによってさらに脂肪が多く見えてしまいます。しかも、白い膨張色なら尚更目立つことになるでしょう。