お客様の声

結婚式のマナーのあれこれとは


男性と女性が何かの縁でずっと一緒に生活をしていこうと思ったら、結婚をするという決断に至ることでしょう。毎日の生活を共にするということは、楽しくもありながらも苦しいこともあります。そういったことも覚悟で一緒になると決めるのですが、入籍だけのカップルもいれば、結婚式を盛大にやるというカップルもいます。

結婚式を行うというのは新郎新婦のためでもあるのですが、取り巻く人たちにお互いを紹介するという意味もあります。ですから挙式をしていくことで、今後についても周りの理解を得ていきたいという気持ちもあるのです。結婚式をする側であっても、招待される側であっても、ある程度決められたマナーというのがあるので、それについていくつかご説明をしていきましょう。

結婚式を招待された人には招待状が送付されることになります。それに返事を記入して、出欠を出すのですが、これは早ければ早いほうがいいといえましょう。なぜなら、これが挙式の際の人数の目安になるからです。式場の手配のためにもできれば早くに出したほうがいいといえましょう。

また、恩師や上司などを呼んでスピーチなどをお願いする場合には、事前に声をかけるのがマナーになります。そして席次でも前のほうのテーブルにして、重要なゲストとしてお車代なども出していくようにするのです。

また、お祝い金との関係も見ながら、不足に思ったら後日にお礼の品などを新郎新婦側から差し上げるようにするといいでしょう。